LAKE RED

lake biwa guide & tournament

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内団長ジグムーヴァーロケ


レインズから発売されている団長ジグムーヴァーのプロモーション撮影に参加してきました。



ポイント到着から全員釣りまくりで、撮れ高すぐにクリアー

その後もみんな休む事無く釣りまくり!

結果、9人で823本の太刀魚を釣り上げ、瀬戸内FGSファーストさんの記録も更新!
ファーストさんの凄腕船長、釣りのスペシャリストが集まるとここまで釣れるのか!の、結果&団長ジグムーヴァーの爆釣力凄かったです!



太刀魚のダブルヒットがも二回あり、

フグや

アオリイカまでも釣れましたよ!
おかげで、本日は、腕パンパンです。
皆様、お疲れ様でした~
スポンサーサイト

京都


+ボジョレーでまったりしております

琵琶湖でテスト


本日は、昼過ぎから色々な物を試しに北湖へ
釣果は、チビから40位までのが数釣りとなりました

レインズ 団長ジグ ムーヴァー reins salt water

近年、サーベリングが熱い!
益々サーベリング人気は上がって行くようで、どんどん大手メーカーも参入しているそうな。

そんなサーベリングに
レインズから
リーリングのみで爆釣の
団長ジグに続き

団長ジグ ムーヴァー

が人気!

団長ジグムーヴァーは、ストップ&ゴーのリーリングのみで好釣果を叩きだした団長ジグの進化版。
団長ジグでスイッチの入らない太刀魚を軽いシャクリで左右にスライドしてアピールし捕食に持ち込む攻めのジグ
しかし捕食の下手な太刀魚をガッツリフッキングに持ち込めるようスライド幅を設定。
テスト時にもその威力を体感できました。
これからサーベリングを始める方、サーベリングでジグに迷いのある方、サーベリングでアクションに不安のある方。
団長ジグと団長ジグムーヴァーだけあればこの問題は全て解決ですよ!


続きまして、私が劇はまりの鯛ラバ

レインズ 鯛レボはテスト段階から何度も爆釣のレポートを見て頂いたと思いますが、すでに大人気、ど定番の鯛レボ
その鯛レボ用てか、遊動式鯛ラバ用の
鯛レボボックス&鯛レボスカートボックスが発売されました!

私も使っていますが、便利ですよ!
これで、綺麗に整頓出来て見た目カッチョよしで良いです。

又、スカート、ネクタイなどのパーツ類も豊富に発売されているので、自分だけの当たりカラーも自作できますよ!
お試しあれ。


PS
私の勝負カラー
その名は

関西ピンク

レシピは又の機会に…


次はreins fresh waterネタでいきます

レインズ イカズチでエギング

京都の伊根へイカズチを持ってエギングに。

夜中に到着し、スタートするも烏賊からの反応無し。
流石に連休最終日は叩かれきったかなと思い弱気の2.5のイカズチ使い、続けると、ちっこいのをキャッチ…で、いきなりの大雨、一旦待機し、明け方から再開。
ポイントに入るまで先行者の方々にどうですか?と訪ねるも渋いようでみんな苦戦中。
お気に入りのポイントに入りイカズチの3.5をチョイスしキャスト。
3シャクリ位でガツンと当たり食べ頃サイズをキャッチ!

時合が来たかなと思いながら続けさまにヒット!イカズチのキレの良いダートがかなり効いてるな!と思いながら時合を逃さずテンポ良くキャストで連続キャッチ。
5ハイキャッチで地合終了。
そこからランガンへ。
伊根は舟屋群が有名な所。



ポイント正面に見える良い眺めを見ながらのエギングは最高に気持ちよく、眺めを楽しみながらキャスト、後はイカズチにお任せで、気持ち良く釣り続け、結果大漁でイカズチ様々でした。


そして、完全に日が登り、お昼は

絶景を見ながら

お昼ご飯は

海鮮丼!
バリ旨かった。
ヤガラの刺身ものってて初めて食べたけど旨かった~
伊根最高~

琵琶湖ガイド

今回、お迎えしたのが、二度目のNファミリー
前回のガイドでは、お父さんは好調、弟さんもバッチリキャッチでしたが、お兄ちゃんが痛恨のノーフィッシュで、今回がそのリベンジ。
しかし、ここの所の琵琶湖は週末ごとに来ていた大小さまざまな台風のお陰で水温水質の変化が激しく、だいぶ落ち着いてきたものの、良い話は聞かない状態。
かなり厳しい1日になるかもとお話しし、スタート。
この日は、天候は良かったので、沖島へ

先ずは、八メートルラインを軸に魚深で好反応が出る場所で、バブリンシェイカーやスワンプミニを使ったダウンショットで攻める事に。
アタリは出るが、乗らない時間が続くなか、お兄ちゃんがショートバイトをものにし幸先良くファーストフィッシュを小さいがキャッチ!

色々と釣りをするそうで、持ち方が新鮮





その後、皆が段々と感覚を掴み、厳しいながらも次々と魚をキャッチ。
その後、漁礁狙いにシフトし、シューティングで少ないアタリを物にしていき、お父さんと弟ちゃんがサイズアップに成功。




厳しいながらも良い感じの流れ、折角の北湖、太い奴を釣って頂きたいと、リグをGテールロングなどを使ったテキサスに変更し、狙うエリアも10メートル前後の変化のある所から少し離れたハードボトムのフラット部分を狙う釣りに。
変化のある所から離れる事により、小さなアタリが全く無くなるので、我慢と集中の釣り、流石に釣れない時間が長く水深が深いと兄ちゃん弟ちゃんには釣れへんやろ空気が…
しかし、私のチェックには微かにアタリがあった。
必ずデカイ奴が居るはずと続けて頂くと、やはり、な当たりが私に!
この当たりを物にしデカイ魚をキャッチ。

これで、居るのはわかってもらえた、後は釣って頂くのみ。
釣れない時間は長いが釣れるまで粘る。
するとお次は、お父さんのキャロにヒット!

これを物にして頂き、北の太い魚をバッチリキャッチ

良かった~
その後もみんなデカイ奴を狙い続けてもらい、そろそろタイムアップの時間が迫っていたが、キープキャストのお兄ちゃん。
この集中なら釣れるかも。と考え、硬めのロッドに7グラムのテキサスをリグり続けて頂く事に。
その間に、私はマリーナまで急いで帰れるようボート上の片付けを行い、そろそろラストにしましょか~と言いながら、用を足して(すいません)いると、なんとお兄ちゃんにヒット!
ガッツリロッド曲がってるし!
デカイの跳ねたし!
で、私はまだ…
弟ちゃんネット出したって!
上がって来た!すくたって!
で、バッチリネットイン!

最後の最後でお兄ちゃん北のデブい魚をキャッチ!

船上大盛り上がりで、厳しい中、最高の釣果に恵まれました。


記念撮影も最高の笑顔頂きました!
有り難う御座いました~

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

fishing is life

Author:fishing is life
琵琶湖 spin-off ブログ
(画像等の無断転載はご遠慮下さい)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最近のエントリ

QRコード

QRコード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。